花粉症に文句が言えるとしたら、私が言いたい事

"花粉症で悩み10年以上経つと思います。文句は、やはり出費の事です。マスクを大量に購入しているので、どうにか実費で返して欲しいです。甜茶や医療費など、他にも花粉症のおかげで出費が嵩んでいます。ダメもとで花粉症対策のメガネ風の器具も買いました。サングラスを大きめにしたようなアレです。とにかくお金がかかっています。今後も改善が見られなければ、病院を変えるかもしれません。飲み薬を購入する可能性だってゼロではないです。
自分の幼少期・小学校・中学校ぐらいまでは、ここまで目がかゆかった記憶が無いです。大人になるにつれて、花粉症の悩みは膨らんできたように思います。ほんの数日前に裏山に上った時、土筆が大量に生えていました。可愛らしい先っちょの「つくしんぼう」です。シーズンはそろそろ終わりかもしれません。元気が有る土筆ではなく、なんだかお爺さんのようなつくしでした。あの「つくし」の頭部の花粉が有るところを私はデコぴん!しました。(デコぴんとは指で弾くアクションです。)つくしからはスギ花粉のように煙っぽく花粉がモワモワと漂いました。スギの花粉もこんな感じでテレビで見たことあるぞ!とそ想像しているうちに、その時、鼻がむずむずし始めました。イメージによって発症したのか、それともつくしの花粉に攻撃されたのか定かではないのです。「チクショー!!」みたいな感じにムカッとしてしまいました。私の自爆のひとときでした。
花粉に対して私が失った時間、これについても返して欲しいと思います。
花粉よ!時間と金銭、返しておくれ!そう叫びたいぐらいです。"

関連エントリー


 
Copyright © 2006-2012 花粉症をぶっとばせ!花粉症対策ガイド. All rights reserved