花粉症には早めの対応

"春はポカポカ陽気で過ごしやすい季節。
なんていう人は花粉症と縁がない人。
私みたいに毎年、くしゃみと鼻水に悩まされる人には最悪の季節。

仕事しようにも下を見ると鼻水が垂れる。
マスクをはずすとくしゃみを連発。

私は花粉症歴10年になる。
もうすぐ来始めるな・・・
というのが分かるようになってきた。

私の中では早めに漢方薬を飲みだす。
漢方薬は生薬。
しかし、効き目がゆっくり。
だから早めに飲み始めるのだ。

花粉症をそのままにしておくと、副鼻腔炎につながっている。
副鼻腔炎になると、頭痛、微熱、後鼻漏。
もう一日中憂鬱。
これが毎日。
花粉症をほったらかしにした私ってバカ!と言いたくなる事もありました。

あと、もう一つは「ヨーグルト」。
アレルギー体質の人の共通点は胃腸が弱いという事らしい。
だから腸内環境はつねに気遣ってあげないといけない。
毎日、ヨーグルトを食べる。

親がアレルギー体質だと、子どももアレルギー体質となる事が多い。
だから一家でヨーグルトを食べることが大切。

でも、漢方薬は子どもは苦いと言って飲まないので、さっさと病院に行くことも大切。
子どもは鼻水で集中力が落ちるので、観念して病院へ。
長い付き合いになる花粉症。
でも、体のストレスや疲労を感じ取るバロメーターにもなるので、病院も利用しつつ上手に付き合うことがいい方法かと思う。"

関連エントリー


 
Copyright © 2006-2012 花粉症をぶっとばせ!花粉症対策ガイド. All rights reserved