転地療法

海外旅行や療養で、場所をかえるという荒業があります。


環境変化が体の調子を整え、健康を増進させる働きを
「転地効果」といいます。資金がかかりますが、根本的な原因を避けるので間違いなく症状が改善されます。

飛行機

日本国内では北海道や沖縄がスギの植林が少なく、
飛来も少ない地域です。また温泉地などで自然を満喫することで、
脳の中にある自律神経系の中枢に刺激を与えます。

ホルモンなどを調節する内分泌系、呼吸や消化といった生命活動が
活発になります。理想的な転地効果を得るには、生活圏から
100キロメートル以上離れた地に、一週間ほど滞在するのがよいと
されています。


長い滞在なら、1か月をめどに場所を変えるのが効果的です。
転地効果は、5日ほどで活発になりますが、一か月を過ぎると体が
次第に環境に慣れ効果が薄れるといわれています。

春先の、韓国や米国西海岸では症状が出にくいといわれています。


関連エントリー


 
Copyright © 2006-2012 花粉症をぶっとばせ!花粉症対策ガイド. All rights reserved