アロマテラピー(アロマセラピー)

芳香を放つ花びらや薬草で作った植物性のオイルをつかって、
神経を沈めたりストレスを軽くし、心身の健康を保たせようとする
治療方法です。

アロマテラピー

たくさんの薬を使うことに不安感がある人などが自然治癒力を
助けるために使い、香りの成分を使用します。

また風呂に入れたり、直接肌に塗ったりして使う場合もあります。
花粉症の症状の不快感を乗りきるために、使われることもあります。


◆呼吸器系には


◎ ティートゥリー・・・殺菌消毒効果があり、免疫力を高める
◎ ユーカリ・ラディアタ・・・鼻水や鼻づまりを抑え、ストレスを緩和させる
◎ ペパーミント・・・頭痛や鼻づまりの緩和、抗炎症作用がある


◆目のかゆみには


◎ ラベンダー・・・鎮痛、抗炎症、粘膜鎮静作用
◎ カモミール・・・抗炎症、アレルギー緩和作用 


◆アロマを楽しむ方法


◎マグカップなどの器に、精油を1滴落として熱めのお湯を注ぎ、
その蒸気を鼻と口からゆっくりと吸い込みます。

◎マスクやハンカチに精油を1滴たらします。肌に精油が直接触れない
ように注意します。マスクをしない時は精油を1滴たらしたハンカチや
ティッシュを胸ポケットなどに入れておき時々吸入します。

◎手作りのスプレーでお部屋の空気を浄化します。
スプレー瓶に無水エタノール→精油→精製水の順によく振り混ぜながら
加えていくと簡単にできます。

◎目のかゆみには温・冷湿布します。洗面器にお湯または
冷水を入れて精油を1滴おとしよくかき混ぜ、 オイル分をすくうように
タオルを浸しておしぼりをつくり、目を閉じてタオルを数分あてます。

◎アロマペンダント。花粉症に効果のある精油を入れ携帯し、
鼻がムズムズしてきたなと感じた時などに吸入できるのでとっても便利です。

関連エントリー


 
Copyright © 2006-2012 花粉症をぶっとばせ!花粉症対策ガイド. All rights reserved