レーザー治療

レーザー治療

鼻粘膜にレーザーを照射して鼻のアレルギーを起こす場所を減らし、また鼻粘膜のアレルギー反応を鈍くしようという治療です。


鼻の中の粘膜(粘膜上皮と粘膜固有筋層)にはヒスタミンを感知する
知覚神経があるので、くしゃみや鼻汁の症状が改善するのです。
1〜2年は症状が改善されるといわれていますが、粘膜は数ヶ月で
再生するので完治するわけではありません。

また、完全に粘膜を取り去ってしまうわけではないので、レーザー治療をおこなっても花粉の症状がでることがあり、薬剤などとの併用した対処が必要になる事もあります。

しかし他の治療方法にくらべて非常に高い効果と持続性を持っており、
普及してきているのが現状です。


外科的手術とは違ってあくまで治療なのですが、表面麻酔をかけます。出血は少なく治療時間は10分程度で済み、健康保険が適用されています

レーザー治療後、しばらくの間は粘膜がカサブタのような状態になるので、一時的に鼻炎や鼻詰まりの症状が強くなります。

2週間程度で傷が治癒し、症状は改善していきますがレーザー治療の
効果やリスクを理解し、安心して治療を受けられる病院を選択することが大事となってきます。

関連エントリー


 
Copyright © 2006-2012 花粉症をぶっとばせ!花粉症対策ガイド. All rights reserved