抗ヒスタミン剤

ヒスタミンとはアミノ酸の一種で、普段は喉や鼻粘膜等の上皮に多い肥満細胞や好塩基球などに存在するのですが、外傷や火傷・毒物・薬物・アレルギーの原因となる物質が体内に入ると活性化して暴れだし、細胞から放出されてしまいます。


放出されたヒスタミンは体内各所にある、ヒスタミン1型受容体というたんぱく質と結合して鼻水や発赤・かゆみ・浮腫・痛み・気管支収縮といったアレルギー症状が起きてしまうのです。

抗ヒスタミン剤は、ヒスタミンが反応するのを妨害して、アレルギー反応を抑えようとするものです。効き目が強くて眠くなるなどの副作用がでます。


主な成分と商品名(複数の効能や、種類がまたがるものもあります)


● 第一世代抗ヒスタミン薬(従来の抗ヒスタミン剤)

主成分(化学物質) ――― 商品名

塩酸ジフェンヒドラミン・・・ベナ
ヒベンズ酸プロメタジン・・・ピレチア
d-マレイン酸クロルフェニラミン・・・ポララミン
フマル酸クレマスチン・・・タベジール
塩酸シプロヘプタジン・・・ペリアクチン


● 第二世代抗ヒスタミン薬
  (抗アレルギー剤と抗ヒスタミン剤の効果を合わせ持つ薬剤)

主成分(化学物質) ――― 商品名

メタキシン・・・ゼスラン、ニポラジン
セチリジン・・・ジルテック
エバステル・・・エバステル
塩酸アゼラスチン・・・アゼプチン
フマル酸ケトチフェン・・・ザジテン
オキサトミド・・・セルテクト
塩酸エビナスチン・・・アレジオン
フマル酸エメダスチン・・・ダレン
フマル酸エメダスチン・・・レミカット
フマル酸ケトチフェン・・・ザジテン
塩酸アゼラスチン・・・アセプチン
テルフェナジン・・・トリルダン
アステミゾール・・・ヒスマナール
塩酸フェキソフェナジン・・・アレグラトリルダン
ベシル酸ペポタスチン・・・タリオン
塩酸レボカバスチン・・・レボスチン
塩酸オロバタシン・・・アレロック
塩酸セチリジン・・・ジルテック
エバスチン・・・エバステル
ロラタジン・・・クラリチン
ニポラジン・・・メキタジン

関連エントリー


 
Copyright © 2006-2012 花粉症をぶっとばせ!花粉症対策ガイド. All rights reserved