抗アレルギー剤

花粉症


抗アレルギー剤 とは病院で処方される中で、
一番多いアレルギー反応をおさえるための薬です。


アレルギー性鼻炎にはかなり有効です。
副作用として眠気がおこるものがありますので注意が必要ですが、
効き目が緩やかなので、他の副作用はあまり問題になりません。

症状が起こる前に飲んでおくと、薬が効きやすく症状をおさえやすいと
いわれています。もちろん症状が起こってから飲んでも効果はあります。

同じ症状でも個人によって相性があるので、効き目がなかったら、
別のものに変える様に相談すれば、いろいろな種類の抗アレルギー剤が発売されています。


主な成分と、商品名


● 塩基性系抗アレルギー用剤
  (抗ヒスタミン作用もあるので第二世代抗ヒスタミン剤とも言われる)

主成分(化学物質) ――― 商品名

アステミゾール・・・ヒスマナール
塩酸アゼラスチン・・・アゼプチン
塩酸エピナスチン・・・アレジオン
フマル酸エメダスチン・・・ダレン、 レスミッド、エメカット
オキサトミド・・・セルテクト
フマル酸ケトチフェン・・・ザジテン、ジキリオン
テルフェナジン・・・トリルダン
塩酸フェキソフェナジン・・・アレグラ
ベシル酸ペポタスチン・・・タリオン
塩酸オロバタジン・・・アレロック
塩酸セチリジン・・・ジルテック
ロラタジン・・・クラリチン


● 酸性系抗アレルギー用剤
  (抗ヒスタミン作用はないので、眠気が少ないのがメリット)

主成分(化学物質) ――― 商品名

アンレキサノクス・・・ソルファ、エリックス
イブジラスト・・・ケタス
クロモグリク酸ナトリウム・・・インタール、ノスラン、クールウエイ
タザノラスト・・・タザノール、タザレスト
トラニラスト・・・リザベン、トラメラス
ペンミノラストカリウム・・・アレギサール、ペミラストン
レピリナント・・・ロメット


● その他(抗トロンボキサンA2薬、ロイコトルエン拮抗剤など)

主成分(化学物質) ――― 商品名

オザグレル・・・ベガ、 ドメナン、カタクロット、キサンボン
セロトロダクト・・・ブロニカ
ラマトロバン・・・バイナス
ブランルカスト・・・オノン
モンテルカストナトリウム・・・シンクレア
トラニラスト・・・リザベン、トラメラス
ペンミノラストカリウム・・・アレギサール、ペミラストン
トシル酸スピラタクト・・・アイピーデイ
アミノカプロン酸・・・イプシロン
トラネキサム酸・・・トランサミン

関連エントリー


 
Copyright © 2006-2012 花粉症をぶっとばせ!花粉症対策ガイド. All rights reserved