花粉症の漢方・薬草一覧

●小青竜湯(ショウセイリュウトウ)

発汗作用があり、体の熱や腫れや痛みを発散させます。
また水分バランスを調整する働きもあります。

気管支拡張作用・抗アレルギー作用・抗炎症作用などが
認められていて具体的には、鼻カゼやアレルギー性鼻炎・アレルギー性
結膜炎・気管支喘息・花粉症などに用いられています。

あるていどの体力がある方で、特にカゼのひき始めなどでゾクゾク
寒気、クシャミや水っぽい鼻水がたくさんでて困るときに向いた処方です。

●葛根湯(カッコントウ)


発汗作用があり、体の熱や腫れやあるいは痛みを発散して治します。
病気の初期で比較的体力のある人に向いています。
頭痛や肩こり・筋肉痛・じん麻疹などにも適します。


●麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)


発汗作用があり、体の熱や腫れ、あるいは痛みを発散して治します。
また、体をあたため痛みをやわらげます。

体の弱い人もしくは高齢の人の病気の初期症状に向く処方です。
一般的にはそのような人のカゼのひき始めで、倦怠感と悪寒が著しく、
発熱やふしぶしの痛みや頭痛などを伴うときに用います。


●排膿散及湯(ハイノウサンキュウトウ)


皮膚の腫れや発赤をしずめ、治りをよくします。
化膿性の皮膚病のほか、歯肉炎や歯槽膿漏などにも用います。


●天津感冒片(テンシンカンボウヘン)


熱性の喉の痛み、熱による口やのどの渇き、せき、頭痛などの症状が
現れる場合に服用します。


●銀翹解毒丸(ギンギョウゲドクガン)


発熱や熱感・咽痛・口渇などの症状に効きます。
感冒・インフルエンザ・咽喉炎・扁桃炎・耳下腺炎・急性気管支炎などの
初期に使用します。


●鼻淵膏・精華鼻淵丸(セイカビガンエン)


蓄膿症や鼻づまり・鼻炎に効きます。
鼻が詰まった時にお湯に溶かして服用すると鼻が通り、改善いたします。
漢方の中では、効き目が早く眠気は起きません。


●柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)


炎症をやわらげたり、血行をよくする働きがあります。
また神経の高ぶりをしずめて、心と体の状態をよくします。
いわゆる腺病質で、皮膚が赤黒くてのどの腫れを起こしやすい人や
子供に向いた処方です。


●苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ)


咳をおさえ、痰を切りやすくします。
その作用から、おもに気管支炎や気管支喘息の治療に用いられています。体力のない冷え性の人で、うすい痰が多く症状が長びくときに向く処方です。

関連エントリー


 
Copyright © 2006-2012 花粉症をぶっとばせ!花粉症対策ガイド. All rights reserved