花粉症の治療法

花粉症

花粉症の主な治療薬として上げられるのが、ステロイドなどの
抗炎症薬の投与になります。


経口薬・注射・湿布薬などいろいろな種類のものがあり、
抗アレルギー薬は副作用が少なくて比較的安全だといわれています。

しかし効果が現れるまで2週間くらいかかり、ステロイドなどの
抗炎症薬は重症化している症状に対して処方されることが多く、
効き目が早いのでが続けて飲んでいると副作用が出ることがあります。


また長期化すると、しだいに薬の量が増えていくという傾向があります。


医師の処方で出されるものは、成分や効き目について十分な説明を
受けるようにしましょう。また薬局やドラッグストア、最近はコンビニエンスストアで買えるものもあります。「医薬品」なのか「医薬部外品」なのかを見極めて選ばなくてはなりません。

選択肢が広いということは、迷いも出て来る事になるので遠慮せずに薬剤師などの専門家に相談することが大切です。

またどの治療方法についても、だれにでも効果があるわけではありません。効き目が遅いといわれているものの中にも体質に合ったものもあるでしょうし、中にはまったく効果が感じられない人もいます。

いずれにしてもある程度の期間や、日常的に飲み続けなければ
効果が見られないので気長に治療していきましょう。
治すというよりは、うまく花粉症と付き合うことと考えた方がよいのかもしれませんね。


◆主な花粉症の治療方法


● 花粉をさける
● 抗アレルギー剤
● ステロイド
● 点鼻液、点眼液
● 注射
● 漢方薬
● 手術、レーザー
● 自然治癒


◆花粉症の対処方法


● 食生活
● 生活習慣
● 掃除
● 衣類
● リラックス法

関連エントリー


 
Copyright © 2006-2012 花粉症をぶっとばせ!花粉症対策ガイド. All rights reserved