花粉症のおきるメカニズム

人間の体の中には異物に対して攻撃するシステムがあります。
異物のことを抗原といい、抗原に対して攻撃する細胞や物質の
ことを抗体といって抗原にたいして抗体を作り出すことを
免疫システムといいます。

花粉症

私たちの体は自動的に花粉だけでなく、ほこりやダニなどの
虫や細菌など様々な異物から身を守っているのです。
しかし、外敵である抗原が多すぎて、免疫システムが
働きすぎるときがあります。

身体にたいして他の異常がでてしあうほどの過剰反応をして
しまうことがあり、その反応のことをアレルギー反応といいます。

花粉にたいしてのアレルギーの過剰反応で、免疫システムが
こわれてしまう症状を花粉症と呼んでいるのです。
抗原を、花粉に限定して、もう少し詳しくみていきましょう。


花粉が空中を飛来します
 ↓
花粉が体の中に進入しました
 ↓
体のなかで、免疫システムが作動しました
 ↓
白血球が、血液中の異物をキャッチしました
 ↓
白血球のなかのT細胞がB細胞に、IgE抗体を作るように指令しました
 ↓
さらに花粉が侵入してきました
 ↓
もっとIgE抗体をつくれと指令がだされます
 ↓
IgE抗体が肥満細胞に付着していきます
 ↓
IgE抗体が許容範囲をこえてしまいました
 ↓
怒った肥満細胞が、ヒスタミンなどの科学伝達物質を放出してしまいました
 ↓
花粉症発生!!


これが花粉症発症までのメカニズムになっています。

関連エントリー


 
Copyright © 2006-2012 花粉症をぶっとばせ!花粉症対策ガイド. All rights reserved